2019年11月20日

非常に多くのお問い合わせありがとうございます。

日本看護医療予備校フランチャイズ本部
学習塾専門コンサルティングの
エムラインです。
フランチャイズの概要や塾運営のココが肝
というところを随時お伝えしていきます。


塾と教育の11月号に掲載させて頂いた
反響が止まりません。

エムラインのコンサル・日本看護医療予備校FCともに
話しを聞いてみたいとの引き合いをお受けし、
連日、全国を動いています。

特に日本看護医療予備校FCはあと2校舎で
来期の新規開校校舎を一旦止めます。

塾の教室を利用して空き時間を有効活用し
塾運営の安定化を図るシステムが支持されています。

また、新規開校でも1名の管理者のみの校舎で
2年目で1,600万円以上の売上を達成。
経常利益率33.125%を出された教室も出てきました。

ニッチなところからしっかりとお客様のニーズを掴む。
このことが経営に大きく寄与できるものと確信しています。

弊社の対応キャパまでの限界が近づいてきました。

来春のスタートダッシュを成功させたい先生は
ご連絡お待ちしております。
posted by m-line at 21:50| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする