2015年12月18日

人口5万人未満の市で生徒数80名以上

日本看護医療予備校フランチャイズ本部
個別指導塾専門コンサルティングの
エムラインです。
フランチャイズの概要や塾運営のココが肝
というところを随時お伝えしていきます。



今日はクライアント塾さん(A塾さん)のプチ自慢です。
俗に言う田舎と呼ばれる都道府県でかつ、人口が5万人いない市で
今の生徒数が80名以上、これってすごくないですか。

同じ市内には学習塾が6つあり、そのなかでも
A塾さんは市内TOPの学習塾になりました。

私がコンサルをお引き受けした時には
生徒数20名程度の個別指導塾でした。

2年かかりましたが、教務の仕組み、広告方法の変更等々・・・
ありとあらゆることをやりました。

もちろん、その教室の教室長さんの努力が一番です。
あとは、私どもの話を素直に聞き入れて行動できるところが
素晴らしいと思います。

自分勝手にアレンジしたり、適切な時期に適切な行動が
取れなかったりする塾長さんは、生徒獲得の機会を
失っていますので現状よりの生徒数増は難しいと考えています。

私どもエムラインは、どのような方でも弊社クライアントとして
コンサルを引き受けるわけではありません。
立ち直る又は成長する見込みのある個別指導塾さんと
二人三脚でやっています。

現に今年は3つの塾さんに廃業を進めました。
個別指導塾を経営する能力が全くないんですね。
やるだけ借金が増えるだけですのでその際は
廃業又は塾の譲渡をお勧めしています。

できないものをできるからがんばりましょう!なんて
言えません。

お話しをお聞きする中でホンネでお話しします。

春のコンサル、あと3塾で打ち切らせて頂きます。
お早目にお問い合わせください。
posted by m-line at 22:28| Comment(0) | クライアント塾の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: